レッスンを希望される方へ

1 11月

レッスンを希望される方へ

皆さんこんにちは。

最近だいぶ寒いですが、選挙も終わってひと段落ですね。



さて、よくレッスンを希望される方がおられるのですが、希望される方も2パターンいて、

・ギター演奏が完全に出来ていると勘違いしてレッスンを希望される方。

・謙虚で誰かに習わないとわからないからレッスンを希望される方。

がおられます。

留学目的でレッスン希望される方もいますが、例外のごく稀なパターンです。



演奏が完全に出来ていると勘違いしてレッスン希望される方には、ちゃんとどういうレッスンをするか説明してお引き取り願うか、それでもレッスンを希望される場合はレッスンをしますが、最初の初歩から始めて演奏出来るまで先のレッスンに進みません。

勘違いをしているわけですから、出来ないことを自分で体感してもらって出来るようになるまで頑張っていただきます。なんというか、ある意味公文式ですね。



謙虚で誰かに習わないとわからないからレッスンを希望される方には、まずレッスンを受講される前に、トモ藤田さんの著書「耳と感性でギターが弾ける本」を読んでもらっています。

(トモ藤田さんとは、京都出身のギタリストでボストンギターコンテストで最優秀ギタリスト賞を受賞し、アメリカのボストンにあるバークリー音楽大学で教鞭をふるっておられるギタリストで、ジョン・メイヤーも師事していた先生です。)
リンクはこちら


まずこの本を読んでもらって、ギター初心者がしなければならないことが大体書いてありますし、当方のレッスンと近いものがありますので、この本をまず読んでもらう事になっています。

この本を読んで最初は何をギターですべきかが大体分かるでしょうし、ギターを楽しむための入り口までの道のりは分かると思います。

実際そこまでは一人で出来ます。そこから先は他の楽器演奏者や先生などに一緒に演奏で合わせてもらったり教えてもらったりしないと上手くなりません。ネットで調べることも重要です。この入り口まで到着した人に対してレッスンが必要なのであり、そこまで到着してないのにレッスンを受けてもらってもこちらとしても教えることが無さ過ぎて逆に月謝泥棒になってしまいます。

ですので、レッスンを受けてもらうのにある程度弾けることは重要なのです。



入り口まで来たら、このシェルパーが頂上までご案内いたします(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA